身長を伸ばす方法

身長を伸ばすための良い食事・ダメな食事

身長を伸ばすことに大きく関わっているのが食事です。しっかりとした栄養素を補給させてあげることで、子供の身長はどんどんと伸びます。一方で、食事についてあまりこだわらないで、適切なものを与えなければ、子供の身長は伸びにくくなってしまうのです。

こちらでは、身長を伸ばすための食事法とダメな食事法について徹底解説します。

身長を伸ばしやすくなる食事法とは?

・バランスの良い食事をすること

炭水化物
たんぱく質
脂質
ビタミン
ミネラル
食物繊維

以上の6種類の栄養素は身体にとって特に大事なものです。それらをバランスよく摂取することが何よりも大切です。一つの栄養素だけに偏ってしまってはいけません。身長を伸ばすどころか、健康にも大きな問題を起こしてしまうかもしれません。

・1日3食をしっかりと食べる

朝食を食べない、といったことを続けてしまうと、栄養不足になりかねません。実際に1日2食になってしまっている子供は身長が伸びにくい、といった話もあるのです。

1日3食食べることで、いつでも体に栄養がしっかりとある状態となるのです。身長を伸ばすための栄養素を体内に常時ある、といった状態にするためにも、食事は一定間隔で必ず食べさせるようにしてください。

・野菜や果物を食べさせること

子供が特に食べないのが、野菜と果物です。野菜と果物にはビタミンとミネラルが豊富に含まれています。食べていないと、栄養素が不足してしまい、身長が伸びにくくなってしまいます。

どうしても野菜や果物を食べない、といったお子さんには、サプリメントなどを活用するのも一つの方法です。身長系サプリメントだと、ビタミンやサプリメントも含まれているのでおすすめですよ。

ダメな食事法

・インスタント食品
・肉類
・スナック菓子

これらの食品を多くとってしまうと、栄養不足になりかねません。たとえばカルシウムやマグネシウム、さらにはビタミンDや亜鉛と言った重要成分が全く摂取されない状態になりかねないのです。

ちなみに牛乳ばかり飲ませる、といった方法もだめです。牛乳ばかり飲んでいてもカルシウムだけが強化され続けることになります。単にカルシウムが豊富にあったからといって身長は伸びません。全体的にバランスよく栄養を補給しなければなりません。

お肉を食べ野菜を食べ果物を食べ炭水化物も摂取する、そんな一般的とも思える食事法を続けなければ身長は思ったように伸びませんよ。