身長を伸ばす方法

身長の計算式があった!最終身長予測式って何?

あまり知られているものではありませんが、子供の身長を計算できる式があるのです。その式に両親の身長を当てはめるだけで、子供の大体の身長を想定できるのです。

こちらでは子供の将来の身長がどれくらいになるのか、といったことを確認する計算式を紹介します。

子供の将来の身長を計算する式がこれだ!

・男の子の計算式・・・(父親の身長+母親の身長+13)÷2
・女の子の計算式・・・(父親の身長+母親の身長-13)÷2

仮に、父親の身長を170センチ、母親の身長を160センチとします、上記の計算式に当てはめると男の子の場合は「171.5センチ」、女の子の場合は「158.5センチ」といった結果になります。

上記の式に当てはめるともっともらしい身長が計算できるのですが、必ずしもこの計算式通りになるわけではありません。実は上記の式には大きな問題点があるのです。それは、遺伝を考慮しすぎている、といったことです。父親と母親の身長を元に計算しているわけですよね。しかし、本当に遺伝がそんなに身長に関わっているのでしょうか。子供が親より圧倒的に大きくなることもあれば、小さくなることもあります。身長を決める要素のすべてが遺伝なわけがありません。

子供の身長は生まれてからの環境が主に影響するもの

・栄養によって身長が伸びるか伸びないかが決定する

たとえば、双子が同じ身長に将来的になるでしょうか。だいたい同じものを食べているので、栄養の量もほぼ同等なので似たような身長になりますが、5センチ以上変わってくることも珍しくありません。父親と母親は一緒なので、同じ遺伝子が引き継がれているはずなのに、5センチ以上も差が生まれてしまうのはおかしなことですよね。

やはり身長には生まれてからの環境が大きく関わっている、と考えて間違いありません。環境とのことですが、主に関わってくるのが栄養素です。どんなものを食べて身体に補給したのか、といったことが大きく関連してくるのです。

そもそも、身体を大きくするためには栄養を多く補給しなければなりませんよね。身長だって体を大きくするのと同じことです。具体的には骨を伸ばす必要があります。骨を伸ばすための栄養素を積極的に摂取することが大切なのです。

しかし、子供の時には好き嫌いもたくさんあります。好き嫌いがたくさんあることで栄養バランスも崩れてしまい、なかなか身長が伸びない、といったことになりかねません。好き嫌いが多いお子さんには、身長系サプリメントを利用してもらいましょう。サプリメントなら好き嫌いなく摂取してもらえますよね。