身長を伸ばす方法

寝る子は身長が伸びる!短時間睡眠は低身長の元

お子さんに身長を伸ばして欲しいのであれば、睡眠時間をしっかりと取らせるのがお勧めです。最近の子供は、夜更かしもするようになりましたよね。小学生であってもスマホゲームなどをして0時を過ぎてから寝ている、なんて例もあるほどです。

こちらでは、身長に睡眠がどのように関わっているのか、といったことをお話します。お子さんの身長を伸ばしたい、と思っている親御さんは必見です。

寝ている時に成長ホルモンが分泌される

・成長ホルモンが身長を伸ばしてくれる

どんなに身長に役立つ成分を摂取したとしても、成長ホルモンがしっかりと分泌されていなければ、良い結果は得られないものです。そこで考えるべきなのが、いかにして成長ホルモンをスムーズに分泌させるのか、といったことです。

最も手っ取り早いのが、睡眠時間を確保することです。そもそも、我々人間は寝ている時に成長ホルモンが分泌される、といった仕組みを有しているのです。睡眠時間が長ければ分泌されるチャンスも広がり、短時間睡眠となってしまうと成長ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。

・日本人は短時間睡眠傾向

文化的なものがあるのかもしれませんが、日本人は睡眠時間が少ない、といった傾向があります。親御さんの習慣がお子さんにも影響を与える可能性は十分にあります。

まずは親が見本を見せるべきです。少しでも早く寝て、お子さんが夜型の生活になってしまうことを防ぎましょう。

・子供はどれくらい寝れば成長ホルモンが分泌されやすくなるのか?

8時間前後は眠ってもらいたいところです。大人であると、8時間睡眠はかえって難しいですが、子供であれば十分に可能です。

8時間睡眠ですが、午後10時に寝て午前6時に起きる、といった感じで達成可能ですよね。しかも、午後10時から翌午前2時までの4時間は、特に成長ホルモンが分泌されやすい時間帯としても知られています。その時間帯にしっかりと寝ていることが身長を伸ばすことに大きく関わるのです。

睡眠の質も重要である!

・浅い眠りだと成長ホルモンは分泌されにくい

成長ホルモンをしっかりと出してもらうためには、深い眠りになってもらわなければなりません。

深い眠りに誘うためには、昼間にしっかりと体を動かすことです。定期的に運動をさせる、といったことも重要です。さらに日光浴させることで夜の眠りが深くなる、といったこともありますよ。