アルギニンを多く含む料理

野菜たっぷり餃子

【材料】

・豚ひき肉
・ニラ
・キャベツ
・にんじん
・しいたけ
・糸こん
・餃子の皮
・片栗粉
・みそ
・醤油
・ゴマ油
・生姜
・ニンニク
・塩胡椒

【作り方】

1. キャベツ、ニラ、にんじん、しいたけ、糸こん、ニンニク、生姜を細かく切ります。

2. ボウルにひき肉を入れて、粘りが出るまでよくかき混ぜたら、塩胡椒、みそ、醤油を加えてさらに混ぜてください。

3. ボウルの中に具材を入れて、さらに練り混ぜます。

4. 餃子の皮にタネをのせ、皮の端っこに水で溶いた片栗粉をつけて包みます。

5. フライパンにごま油をひき、餃子を並べて底面に焼き色がつくまで焼いてください。

6. 焼き色がついたら、餃子の半分くらいまで水を入れて蓋をし中火で5分程度蒸らします。

7. 水気がなくなってきたら蓋をあけ、ゴマ油を少し回し入れ水気を飛ばせば完成です。

ポイント

餃子は中身が見えないので食べて欲しい具材を適当に入れることが多いです。
にんじんが大量にあったので細かく切っていれましたが、子ども達は気づかずに食べていました。

最近、アルギニンという言葉を耳にして調べてみたところアルギニンは、成長ホルモンや血液の促進をしてくれる役割があると聞き、アルギンが含まれている食材を調べていれてみました。
もちろん、アルギニンは子供の身長を伸ばすのにも効果的な栄養素です。
にんにく、豚肉…。お豆腐も入れてみればよかったかなと。
アルギニンが不足してしまうと、免疫力が下がってしまったり、脳の働きも悪くなるらしいので、積極的に取り入れた料理ができるように頑張りたいです。

コメント

餃子美味しかったです。
いつもより味が濃かったので醤油をつけなくてもそのまま食べられました。